更新日:2022年7月19日

アリアケキイロヒラタガムシ Enochrus bicolor (Fabricius, 1792)

分布:本州(近畿地方以西),四国,九州,対馬;朝鮮半島,中国,ロシア極東部~ヨーロッパ,アフリカ(北部)

※既知産地は大阪府、岡山県、鳥取県、徳島県、福岡県、大分県、熊本県,長崎県(対馬)

<<記録の整理>>

※対馬からの記録
渡辺黎也・大庭伸也・山本 賢 (2022) 長崎県対馬市におけるガムシ科7種の初記録.長崎県生物学会誌,90:39-40.

※大分県からの記録
三宅 武(2021)大分県初記録の希少なガムシ科3種.二豊のむし,59:100-101. 

※福岡県からの記録
中島 淳(2020)福岡県におけるアリアケキイロヒラタガムシの初記録.さやばねニューシリーズ,39:52. 

※鳥取県からの記録
緋田祐太・渡部晃平(2020)鳥取県米子市でアリアケキイロヒラタガムシを採集.さやばねニューシリーズ,38:61. 

※岡山県からの記録
千田喜博(2020)アリアケキイロヒラタガムシ.p. 238,岡山県野生動植物調査検討会(編),岡山県版レッドデータブック2020,岡山県,岡山.812 pp.

※大阪府からの記録
Kawakami, Y., Hayashi, M. (2010) A new distributional record of Enochrus (Lumetus) bicolor (Coleoptera, Hydrophilidae) from Osaka city, Honshu, Japan. Elytra, 38: 25−26.

※熊本県からの記録(新種E. yukinoaeとして熊本県有明町(現天草市有明町)から新種記載)
Matsui, E. (1994) Three new species of the genus Enochrus from Japan and Taiwan (Coleoptera: Hydrophilidae). Transactions of the Shikoku Entomological Society, 20: 3−4.

戻る